ディスプレイの修理について

スマホを落下させてしまいディスプレイにひびが入ってしまったという人は少なくありません。修理業者に出せば思っていた以上に高額を請求されてしまうこともあります。そのため、ひびの入った状態で使い続けている人も多くいます。ディスプレイにひびが入っていてもスマホ自体使えることは使えますが、表示が見にくくストレスを感じてしまうかもしれません。自分でディスプレイを修理する際には、新品のディスプレイとドライバーを使います。ディスプレイ交換といっても、単純にそれを変えればいいというわけではなくタッチパネルのコネクタや通話マイクなどを取り外し、またそれを元に戻す必要があるのでかなりの手間と技術、知識が必要です。

水没させてしまったら

防水仕様のスマホが多くなってきているとはいえ、まだまだその機能を搭載していない場合が多いです。仮にスマホを水没させてしまった場合には、まず電源を切ることとSIMカードを抜くことが必ず必要です。SIMカードの中に様々なデータが記録されていますのでこれが故障してしまってはどうしようもなくなってしまうのです。次に、本体をタオル等で吹き電源が入るかの確認です。電源が入らなければ故障ということになりますが、自分で修理すると言ってもディスプレイを修理する以上に手間とパーツ代がかかりますので、買い替えるかあるいは専門の修理業者に相談するのが無難かもしれません。

自分で修理するか修理業者に依頼するか

修理業者に依頼するよりも自分で修理した方が意外と高くついてしまうこともありますので、パーツ代や工具類などにかかる代金をきちんと確認してからどうするかを決めるのが大切です。

スマホ修理を行う民間業者は、あらゆるスマホの故障に対応する事が可能です。画面交換・充電端子交換に加えて、スピーカー修理なども対応しています。