ショップが消費者の行動や言動をチェックする

近年、中国やアメリカでネットサービスなどを通じて個人を格付けし、格に応じてサービスを変化させるという動きが起きています。たとえば、消費者があるネットショップで不当なクレームをつけるなどのトラブルを起こしたとします。すると、ネットショップはデータベースに登録されているその消費者の格付けを下げます。データベースはいろいろな会社が共有しており、「この消費者は人間性に問題がある」と判断した場合、航空会社が航空券の購入を拒否したり、あるいはローン会社がローンの審査で否決したりするのです。
プラバシーに踏み込む形で特定個人をスコアリングすることはクレジットカード会社や消費者金融ではよく行われていましたが、お金の返済状況以外に人間性といった部分を持ち込んできたのが近年のスコアリングサービスの特徴といえます。

日本でスコアリングは始まっている

では、個人のスコアリングには日本でも行われる可能性はあるのでしょうか。実はもう始まっています。たとえば、あるフリマサービスではユーザーがどんな商品を買っているのか、取引時にトラブルを起こしていないかなどを確認した上で、商品購入の際に後払いを認めるか、そしていくらまで後払いを可能にするのかといったことを決めているのです。なにを買ったのか見られるなどプライバシーをチェックされ、勝手にスコアリングされてサービスに差をつけられるのは気分が悪いという人もいるかもしれませんが、職種や収入状況で判断されるクレジットローンと違い、「いい人」であれば有利に買い物ができるというのは、専業主婦や学生など仕事をしていない人にとってはありがたいといえるかもしれません。

シュレッダーは利便性が高いオフィス用品です。機種が豊富ですから、サイズや性能を考慮しながら選ぶことがポイントです。